感染状況をグラフ・マップでより見やすく分かりやすくする「COVID-19 データビジュアライゼーション」

感染状況をグラフ・マップでより見やすく分かりやすくする「COVID-19 データビジュアライゼーション」

2021年1月30日

COVID-19 データビジュアライゼーション プロジェクト
@Code for Mitaka / Musashino

2021年に入り、新型コロナウイルスの感染状況を受け、東京含む首都圏では緊急事態宣言が再度発出されました。このような状況下で、グラフやマップで分かりやすく地域の感染状況を把握できればと思い、Code for Mitaka / Musashinoメンバーにて作成しました。ぜひご活用ください。
※「Tableau(Public)/タブロー」というデータをビジュアル化できるWebツールで作成し、各ページに埋め込んでいます

【制作過程】
各区市町村の公式ホームページには感染者数が掲載されているのですが、数値表のみであり東京都公式サイトのようなグラフは無く、またニュースサイト等のマップも累計表示のみと情報が限られています。このため、区市町村ごとの詳しいグラフやマップも欲しいと考えた市民有志で作りました。

三鷹市・武蔵野市、新型コロナウイルス感染状況に関する「やさしいにほんご」のページも作成しました。1週間の合計値で算出してます。すべて原則毎日更新しています。